難聴の人達と補聴器

お試し出来る補聴器

現在、補聴器には様々な種類があります。
補聴器はお年寄り、高齢者の使うものといったイメージは一昔前のもので、今や若い人用や子ども向けのタイプも多く存在します。
大きな音を聞く際に耳の機能がダメージを受けてしまう場合や、先天性の難聴を抱える人も実は少なくないのです。
補聴器は、年齢やその生活スタイルに合わせ、その技術が様々進化してきました。
補聴器をつけると、耳に違和感が強い、補聴器の重さが気になるという声が多かったのは過去の話で、今や耳の穴にすっぽりはまるタイプや軽く耳にかけやすいタイプが人気です。
その形状だけでなく、カラフルでデザイン性に富んだタイプが選べるようになったのも、最近の特徴です。
基本的には、やはり難聴の度合いによって選ぶものなので、もし検討しているのであれば、耳鼻咽喉科などで医師の診察を受ける事が大事です。

補聴器は、難聴の度合いによっても種類が異なります。
難聴の度合いは、小声での会話が聞きづらいといった、「軽度難聴」、大きめの声で会話が聞き取れる「中程度難聴」があります。
それ以上の難聴の度合いは、耳元で大きな声での呼びかけが必要な「高度難聴」と補聴器などを使わなければ全く音が聞こえない状態の「重度難聴」があります。
安価なものでは片耳で5万円くらいですが、一般的には難聴の度合いに比例してその値段も上がります。
そんな時に便利なシステムとして利用されるのがレンタルです。
レンタルは、お試しという事で短期間の利用をする人が多いのですが、高性能の補聴器を低価格で長期にわたりレンタルするプランがあり、それも人気があるのです。
一例ですが、ある補聴器専門店では、片耳分で月4,000円からレンタルできたりするのです。
高性能を誇る補聴器では片耳50万円以上するものも珍しくないので、重度の補聴器で、なかなか価格面から選択する事が限られる人では、この長期レンタルを利用する人も多いです。

補聴器が初めて、または買い換えたい人に多いのが短期レンタルだと言われています。
特に、軽度の難聴で、聞こえが不安だが、本当に補聴器が必要なのかどうかわからない、という人のレンタルが多いようです。
また、技術の進歩により、機能の様々な補聴器が出るなか、最新の補聴器を試してみたいという声も多いです。
そのような人には2週間から1ヶ月程度の短期レンタルが合っていると言えます。
日常生活を送る上での不便さや、つけ心地などを実際に体感する事で、本当に自分にあったタイプを選ぶ事が出来ます。

種類と型

補聴器を選ぶ基準として、その聞こえ方の度合いと、耳あな型や耳かけ型といった見た目のタイプなどがあります。また、デザインやカラーが選べるタイプもあります。まずはレンタルでお試しするのが良いでしょう。

人気のタイプ

補聴器のタイプについて解説します。海外メーカーのアウトドアに強いタイプや、聞き取りサポート機能に優れたタイプなど、様々なニーズに合わせて種類があります。販売店によってはレンタル出来ない商品もあるので確認が必要です。